注目キーワード
  1. インプレ
  2. ジギング
釣りケンのBlogに来てくださりありがとうございます! 日々釣りの楽しさを発信していきますのでよろしくお願いします!

【2024ダイワ新製品】2024年シーズン新製品情報 スピニングリール編

こんにちは、釣りケン(turiken753)です!

今回はダイワの2024年シーズンのスピニングリール新製品について紹介していきたいと思います。

関連記事

こんにちは、釣りケン(turiken753)です! 2024年1月12日にシマノから2024年春夏シーズンの新製品情報が発表されました。 今回はその新製品について紹介していきたいと思います。 [sitecard subtitle=[…]

 

\ シマノ新製品の予約はこちら! /

Amazon

\ ダイワ新製品の予約はこちら! /

 

2024 新製品

出典:ダイワ

1. CERTATE(セルテート)

出典:ダイワ

ゆるぎない信頼を。感性と共鳴する歓びを。

 

いつまでも愛着を持って使い込んでもらえるようなスピニングリールを創りたい。特定の誰かのためではなく、すべてのアングラーのために――。そのために目指したのは、使い手を選ばない快適な操作性、不安を感じさせない確かな剛性。CERTATEに込められた、その理念は20年の時を経た今も、何ひとつ変わることはない。
NEW CERTATEに搭載された、次世代スピニングリールの設計思想「エアドライブデザイン」は、快適な操作性を求め続けた、CERTATEのひとつの到達点。釣り人が求める、意のままにルアーを操作することを目指した設計思想で、最大4つのテクノロジーで構成される。このエアドライブデザインをフル装備することで得られる恩恵は、あまりにも大きい。最適な重量バランスからなる軽やかな操作性。タックルとの一体感を得られる軽快な回転フィール。わずかな魚のアタリや流れの変化も感じられる巻き感度。ライントラブルの大幅な低頻度化。それは、現代のアングラーに向けたCERTATEの明快な答え。新型ドラグのATD TYPE-Lは、ラインへの負担を軽減し、ハイレスポンスでスムーズな滑り出しによる安心で心地よいファイトを約束してくれる。
この操作性は、確かな剛性なくしては得られない。だからこそCERTATEは、一貫して剛性にこだわり続けてきた。その象徴ともいえるのが、アルミ素材による一体成型構造の「モノコックボディ」。従来構造のスピニングリールで弱点だった、高負荷時のボディのたわみを極力抑え、強い巻き上げパワーを実現するダイワ独自のテクノロジー。そこにねじ込まれるエンジンプレートもまた、アルミ製。つまり、アルミ製のフルメタルボディによって、心臓部である内部構造は、がっしりとサポートされている。その内部に組み込まれるドライブギアには、硬度を高める特殊表面処理を施し、高負荷時のギアへのダメージを軽減。その動力をフロントユニットに伝えるメインシャフトには、アルミよりもさらに剛性の高いSUSを採用することで、パワーロスすることなく、パフォーマンスを最大限に発揮する。確かな剛性と快適な操作性。この一環した質実剛健こそ、積み重ねた信頼の証。正統進化を果たした20年目のNEW CERTATE、新時代のスタンダード・スピニングリールを、すべてのアングラーに。

ダイワ

2021年にセルテートSWは新製品にリニューアルされていましたが、今回は2000番から5000番の小型、中型の番手の「セルテート」が、19 セルテートから24 セルテートにバーションアップ。

実売価格は5万円を切るようになっており、シマノの24 ツインパワーと同価格帯のリールということになります。

 

 

今回の24 セルテートは上位機種の 22 EXIST(イグジスト)にも搭載されている機構「エアドライブデザイン」を装備しています。

元々セルテートの売りであった剛性に加えて、軽い巻き心地で意図した通りにルアーを動かせる操作性が加わりました。

 

他にも、様々な機構がセルテートに搭載され、まさに2004年に初登場したセルテート20年目に相応しい機種に仕上がっています。

 

番手は下記のように2000番から5000番までラインナップされています。

アジング、メバリングからライトジギングまで対応できるラインナップです。

出典:ダイワ
created by Rinker
¥53,328 (2024/07/25 09:10:31時点 楽天市場調べ-詳細)

 

2. AIRITY(エアリティ)

続いて、2023年にモデルチェンジした AIRITY(エアリティ)に極限まで軽量化が施された SF(スーパーフィネス)タイプが加わりました。

関連記事

こんにちは、釣りケン(turiken753)です! 今回はダイワの2023年シーズンのスピニングリール新製品について紹介していきたいと思います。   \ シマノ新製品の予約はこちら! / Amazon 楽天市[…]

 

フィネスの極”AIRITY SF”。

軽さと強さを高次元で融合させた、超軽量スピニングリール「AIRITY」。
そのAIRITYに組み込まれるのは、アングラーを未体験ゾーンへと導く「SF(スーパーフィネス)コンセプト」。
それは、これまでのフィネスをはるかに超えた領域で、ミリ単位の精緻なコントロールを可能にするスピニングリールの設計思想。
次世代スピニングリールの設計思想であるエアドライブデザインをはじめ、フルメタル(Mg製)モノコックボディ、マグシールドなど、AIRITYの基本性能を支えるダイワテクノロジーを継承しながら、限界域までチューニング。
あえて耐久性とバーサタイル性の一部を捨て去り、ターゲットや使用可能ラインを限定してまで、徹底的にコンパクト化・軽量化。
自重はダイワスピニングリール史上最軽量となる、驚異の135g (2500番比較)を実現。
それによって得られるのは、フィネスを超えるスーパーフィネスという未知の領域。
イメージどおりにルアーをコントロールできる”操縦性”。
トーナメントでしのぎを削る競技者には、苛烈極まるフィネスシーンに競り勝つ強さを。
釣りの自由と愉しさを求める者には、感性にぴたりと重なる一体感を。このAIRITY SFで。

ダイワ

 

番手はSFタイプは1000番〜から2500番がラインナップされており、SF2500SS-H-QDのみQUICK DRAGが搭載されています。

 

 

さらに、軽い巻き心地、高い巻き感度をとことん追い求め、回転をとことん突き詰めたスペシャルチューン(ST)モデルも登場しました。

耐久性のあるグリスをオイルに変更したり、防水・防塵性の要であるマグシールドをあえて非搭載にしたりして、研ぎ澄まされた回転性能を実現しています!

ダイレクトな回転フィールを求めるあなたにピッタリの1台です。

繊細かつダイレクトな回転フィールを求めるアングラーに。

 

エリアトラウトやネイティブトラウト、バスフィッシングにおいて、リールの回転性能を追求するエキスパートアングラーの渇望は、とどまることを知らない。巻き心地をもっと軽く、巻き感度をもっと高く――その飽くなき願いを真摯に受け止め、回転を突き詰めたスペシャルチューン。それが、23AIRITY ST(センシティブチューン)。超軽量スピニングリール「AIRITY」を、さらに繊細かつダイレクトな巻き心地を実現する、もうひとつのAIRITY。ラインナップは、STとST SFを合わせ、フィネスフィッシングに特化した6モデル。23AIRITY/23AIRITY SFの持つ基本性能を維持したまま、ハンドル回転の軽さに直結する回転主要部のBB(ボールベアリング)を、ノーマルモデルのグリス仕様BBからオイル仕様BBに変更。グリスBBの特質である高い耐久性をあえて捨ててまで、粘性の低いオイル仕様BBを選択し、回転の軽さを高次元で突き詰めた。それだけではない。防水・防塵の要であるピニオン部のマグシールドを、あえて採用せず、スペックには表記されないわずかな軽量化にまでこだわり抜いた。それによってアングラーが手にするのは、研ぎ澄まされた回転性能。極めて無感覚に近い指先へのリーリング抵抗、ハンドルを回す手元に伝わる圧倒的な情報量。“ダイレクトな回転フィール”を求めるアングラーに、AIRITY STの矜持を。

*RCSハンドル、RCSハンドルノブ(S)交換可
*SLP W EX SFスプール装着可能(LTモデルはEX LTスプール装着可能)

【23AIRITY ノーマルモデルとの違い】
①回転主要部のBBをオイル仕様BB化
②マグシールド非搭載
③一目でセンシティブチューンモデルと分かるデザイン

ダイワ

ダイワ(Daiwa) 【予約:3月発売予定】23AIRITY エアリティ ST SF2500SS-H-QD SF2500SSHQ 00061244

 

こちらも SF(スーパーフィネス)タイプが用意されていますので、AIRITYは全部で4種類ラインナップ(AIRITY 通常モデル・SFモデル、AIRITY ST 通常モデル・SFモデル)になりました。

STモデルの番手は通常モデルが2000番と2500番、SFが1000番から2500番となっています。

同じく2500SS-H-QDのみQUICK DRAGが搭載されています。

出典:ダイワ
ダイワ(Daiwa) 【予約:3月発売予定】23AIRITY エアリティ ST SF2500SS-H-QD SF2500SSHQ 00061244

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

新製品の予約はすでに始まっています。

 

お求めの方は早めに予約分を確保して、春からのシーズンで是非活用してくださいね。

 

 

\ シマノ新製品の予約はこちら! /

Amazon

\ ダイワ新製品の予約はこちら! /

 

 

関連記事

こんにちは、釣りケン(turiken753)です! 2024年1月12日にシマノから2024年春夏シーズンの新製品情報が発表されました。 今回はその新製品について紹介していきたいと思います。 [sitecard subtitle=[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

釣りのリアルな楽しさを発信「釣りケンFishing!!」

釣りを始めて3年が経ちましたので、今までの喜びやつまづきをリアルな体験談として少しづつ綴っていこうと思います。 情報を交換したり、釣りに関する悩みを相談しあえるような場を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。

CTR IMG